毎日投稿するよっ!

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別アーカイブ

お問い合わせ

自衛隊速報へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

逆アクセスランキング

忍者あんてな

ホーム > ミリタリーニュース > 【閲覧注意】戦争中の不思議な怖い話「B29の編隊のやや後方に何かが飛んでいた」

【閲覧注意】戦争中の不思議な怖い話「B29の編隊のやや後方に何かが飛んでいた」

2017年03月08日 3:20:43 , JST | ミリタリーニュース
164 名無し三等兵 2006/01/25(水) 21:21:46 ???


昔、教授に聞いた話
教授が小さい頃にB29の空襲を受けた。
教授は家族と小高い丘から焼夷弾が
落ちるのを呆然と眺めてそうだ
よく見るとB29の編隊のやや後方に
なにかが飛んでいたそうだ、それは行灯ような
ぼんやりとして光を発して
編隊を追尾するように飛んでいた。
教授曰わく「UFOかヒトダマかは知らんが不思議と怖くなかった」



165 名無し三等兵 2006/01/25(水) 21:21:46 ???

おすすめのウェブサイト

    サバゲーマーの為のまとめサイト|サバゲー通信をよろしく♪

    166 名無し三等兵 2006/01/30(月) 22:25:44 ???


    >>164

    いわゆるフーファイターってやつか
    日米双方から謎の発光体もしくは兵器として報告されたけど戦争が終わっても
    何だったのか全くわからないってやつ



    167 名無し三等兵 2006/01/31(火) 07:40:14 ???


    幽霊話じゃないけど。

    駐屯地の中には旧軍から引き継いだ敷地のものも多い。
    さりげなく防空壕があったり、旧軍時代からの建物も残っていたり。

    ある先輩に聞いた話。
    ボロ倉庫に用事があって行ったらしい。
    そこも旧軍時代の遺物ね。
    入った瞬間寒気がするくらい気味が悪かったらしい。そこは出る事で有名だった。
    でも、彼はその時何も見なかった。
    ただ、そこには旧軍時代らしきぺスト注意の表記があったらしい。
    一体何の倉庫だったんだろう



    168 名無し三等兵 2006/01/31(火) 08:22:37 ???


    >>167

    ただ、そこには旧軍時代らしき ぺ ス ト 注 意 の表記があったらしい。
    一体何の倉庫だったんだろう

    創作するににしても、オカ板から出てこなけりゃ恥を晒さずに済むものを・・・
    もし先輩が本当に存在したらただの厨房で
    其れを信じる>>167
    の脳みそは・・・潜水艦



    176 名無し三等兵 2006/02/15(水) 23:04:12 ???


     このスレ的にはウェストールの本もOKか?
    海外の児童文学作家なのだが、戦争とそれにまつわる不思議な話を
    小説にしてる人なんだよな。個人的には名作ばかりなのでオススメ
    例・機関銃要塞の子供たち
      ブラッカムの爆撃機 



    177 名無し三等兵 2006/02/16(木) 16:34:36 ???


    kwsk



    178 名無し三等兵 2006/02/19(日) 00:53:38 ???


     >>176
    だが
     ロバート・ウェストール 1929年〜1993年没 イギリス生まれ
     第二次世界大戦を舞台にした少年の成長物語を多く書いてる小説家なんだが
    戦争というモノを暗く陰鬱とし時代ではあった……が、厳しい現実をものともせず
    クスリとしてしまう笑いを盛り込みながら兵士やその家族、戦火に逃げ惑う人々、
    そして子供と動物たちが生きて行く姿を書いた小説を多く残した人。
    現代イギリス児童文学を代表する人なんだけど…折れが読んだ本の中は
    「ブラッカムの爆撃機」「かかし」「海辺の王国」「猫の帰還(手元にあるが未読」
    しかないけど、この内「ブラッカム〜」「かかし」が戦争にまつわる怪談の本だな。

    「ブラッカム〜」は爆撃機と無線とそれに紛れ込む「死んだはずの兵士たち」の声の話。
    「かかし」は戦争での英雄とされてる父(死亡)を親愛する少年と、母親の再婚、
    母親の再婚相手への反発とその増悪に引き寄せられるように日増しに家に
    迫り来る「怪」の話。少年は家族を守るために父の形見の銃を持ってそれを
    撃退しようと試みるが…   こんな感じか。あまりこの人の本は翻訳されて無い
    のだけど(たぶん戦争小説が多いからかもなぁ…)あさのあつこさん(小説家)など
    ファンの方はいるようだ。 個人的には「海辺の王国」がイギリスの戦時中の日常風景を
    子供の視点で書いてるんだが、名作だと思うよ… 



    179 名無し三等兵 2006/02/19(日) 01:04:07 ???


     ちなみに「ブラッカム〜」の舞台はイギリスの
    ウェリントン爆撃機(ウィンピーと呼ぶ)の機上通信士が体験した怪異って話。
    参考までにここにこの人の本のリストがのってるんだけど…絶版が多いかもなぁ。
    興味があったらどうぞ
    http://tmitsuno.umu.cc/p12westallbooks.html



    180 名無し三等兵 2006/02/19(日) 23:29:35 ???


    そ・・・そんなにじらさないで、ネタバレOKでお願いできませんか・・・・



    181 名無し三等兵 2006/02/21(火) 12:40:41 ???


    普通に母親の再婚相手だろ。



    182 名無し三等兵 2006/02/22(水) 08:56:07 ???


    海辺の王国は昔NHKのラジオで聞いた覚えがあるぞ。内容あんまり覚えてないけど。




      185 名無し三等兵 2006/02/28(火) 01:28:16 qzbjO2ft


      このスレ携帯から読んでたら
      いきなり電源落ちた。
      今電源入れ直したら今度はいきなり台所で
      コップが落ちて割れる音が。
      なんなんだ。



      186 名無し三等兵 2006/02/28(火) 01:31:46 ???


      ああ、すみません、それ俺の念力です。



      188 名無し三等兵 2006/03/13(月) 15:20:43 ???


      ブラッカムの爆撃機の日本語版は普通に売ってるぞ家にあるし。

      幽霊になるドイツ夜戦パイロットの「ジャズを一曲お見舞いしよう」と言う台詞があるくらいお勧めw



      189 名無し三等兵 2006/03/13(月) 15:20:43 ???

      おすすめ記事


        引用元:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1121932194/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す


        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        自衛隊速報 で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど